羽毛布団 血液のシミ

ここでは、「羽毛布団 血液のシミ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
じゃじゃーーん!!
羽毛布団 血液しみ1
お布団関係のしみに「血液」はけっこう多いのです。
ここまで、派手についてるとちょっとたいへんです。
固まってるし。。。
血液はたんぱく質なので温度(熱)がかかったり、時間経過でかなりとりにくくなります。
付いてすぐだと、水で比較的簡単にとれます。(お湯は絶対ダメですよ)
よくスタッフに例えるのは『目玉焼き』です。
あのシロミの部分ですね、タンパク質の代表みたいなものです。
最初は無色(透明)なのですが、熱が加わると白く固まります。
テフロン加工のフライパンだと問題ないのですが(笑)、生地の上で固まるとちょっと厄介です。
で、そんな時は「タンパク質分解酵素」を使ってじっくり、じっくり。
羽毛布団 血液しみ2
ぬりぬり。
羽毛布団 血液しみ3
で、しばらく放置。
表面が乾かないようにして約20分後の様子。
羽毛布団 血液しみ4
ん~~、やはり頑固。
なので、必殺、スチーム攻撃!!
分解酵素は40~50℃で活性化します。
蒸気をかけてさらに20~30分後。
羽毛布団 血液しみ5
ここまでくれば、後は洗えば大丈夫でしょ!!
羽毛布団 血液しみ6
で、洗い上がりです。
あれ、写真とるの忘れた。。。
綺麗になったのに!!
て、写真撮ってもどこにシミがあったのかわからなくなってますので。
とりあえず、血液はゆっくりじっくりが基本です。
慌ててお湯を使わないようにね、取りにくくなります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rikiheart.blog93.fc2.com/tb.php/1725-297ad9ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。